長生きわんこ>わんこのブラッシング

【わんこのブラッシング】
ブラッシングは被毛の汚れや毛玉ができるのを防ぎます。
また、皮膚病や血行不良、食欲不振、ノミ・ダニの寄生などを予防
してくれます。
特に毛玉のできやすい長毛種では、毎日ブラッシングをして皮膚を
清潔に保ちましょう。

マッサージと同じように皮膚に適度の刺激を与えることで、被毛に
艶がよみがえります。
まず、スリッカーブラシでもつれた毛玉を優しく梳すきましょう。
次に獣毛ブラシで毛の流れに沿って全身を梳いていきます。
最後に櫛(コーム)で整えます。
体の下側の毛から櫛を入れるとスムーズに行きます。
後足の房になっている毛は、はさみで切りそろえます。

足の裏の長い毛もカットしておきましょう。
毛がからみ合っていると、老犬の場合、転びやすくなります。
また、炎症や皮膚病も誘発します。
短毛種は基本的に同じですが、時間はずっと短縮されます。
長毛種は、どうしてもお手入れの時間も長くなります。
ですが、ブラッシングは犬の清潔保持と健康のためには欠かすこと
のできない日課として必ず行うようにしてください。

長生きわんこ

トップページ
もうひとりの家族
わんこの寿命はどれくらい?
寿命の違い
大切なしつけ
しつけは何時から始める?
効果的なしつけの方法とは
しつけに体罰は必要?
スキンシップの重要性
わんこの運動
夏の散歩は要注意
室内飼いわんこの住環境
外飼いわんこの住環境
食べさせてはいけません
食事は何を与えたらよいの?
溺愛が寿命を縮める
肥満大敵
どうする?避妊・去勢手術
わんこの保険ってないの?
春のわんこは活動的
夏のわんこはここに注意
秋のわんこは予防する
冬のわんこはこう守る
大切なお手入れ
わんこのシャンプーとお手入れ
マッサージと爪切り
わんこの歯磨き
わんこのブラッシング
目と耳のお手入れ
わんこがボケた?
飼い主の十戒

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system