長生きわんこ>どうする?避妊・去勢手術

【避妊・去勢手術の有効性】
愛犬の繁殖を希望しない場合には、避妊・去勢手術を受けさせた
ほうが、犬の健康のためにはたいへん効果的です。
メスの場合は生理と発情期のストレスがなくなり、散歩時にオスが
寄り付かなくなります。
オスの場合も散歩時に欲情してメスに近づかなくなり、マーキング
行為も少なくなります。

また、メスの場合、子宮の病気、乳腺腫瘍の予防になります。
オスの場合は、前立腺の病気、精巣・肛門周辺の腫瘍などの病気の
予防になります。
また、5歳以上になるとホルモン性の高齢疾患にかかりやすくなり
ますが、その予防にも有効です。
さらに、性的ストレスから解放されることにより、寿命が延びると
もいわれています。
避妊手術は、全身麻酔により卵巣および子宮を摘出します。
手術時間は約1〜2時間です。

手術後に1泊入院して翌日に退院し、家庭で安静を保ち、1週間後
に抜糸をします。
去勢手術は同じく全身麻酔により睾丸を摘出します。
手術時間は約1時間です。
避妊手術は開腹手術となり、去勢手術と比べ、手術費用・入院費用
は高くなり、おおよそ4〜8万円です。
去勢手術はそれより安く、2〜5万円くらいが一般的です。
避妊も去勢も、初回発情前(生後6〜7ヶ月)が目安ですが、より
早期での手術を推奨している病院もあります。

長生きわんこ

トップページ
もうひとりの家族
わんこの寿命はどれくらい?
寿命の違い
大切なしつけ
しつけは何時から始める?
効果的なしつけの方法とは
しつけに体罰は必要?
スキンシップの重要性
わんこの運動
夏の散歩は要注意
室内飼いわんこの住環境
外飼いわんこの住環境
食べさせてはいけません
食事は何を与えたらよいの?
溺愛が寿命を縮める
肥満大敵
どうする?避妊・去勢手術
わんこの保険ってないの?
春のわんこは活動的
夏のわんこはここに注意
秋のわんこは予防する
冬のわんこはこう守る
大切なお手入れ
わんこのシャンプーとお手入れ
マッサージと爪切り
わんこの歯磨き
わんこのブラッシング
目と耳のお手入れ
わんこがボケた?
飼い主の十戒

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system