長生きわんこ>冬のわんこはこう守る

【冬のわんこはこう守る】
犬は寒さに強い、というのは若い頃に限ってのことです。
高齢になって基礎代謝が低くなれば、基礎体温も低下し、老犬は
寒さに弱くなります。
特に、外飼いの犬の場合は防寒や保温に気を遣ってください。
犬舎を日陰から日当たりのいい場所に移したり、すきま風を防い
だり、寝床に毛布などをしいて保温に努めてください。

犬用の衣類を1枚着せるだけでも、防寒に効果があります。
あまりに寒いときには、子犬や老犬はストレスを与えないように
して、屋内に入れてあげるようにしましょう。
室内飼いの犬はあまり気を遣わなくてもいいのですが、暖房器具
によるやけどや、コタツ、ホットカーペットのコードをかじって
感電したりしないよう気をつけなければなりません。
また、ペットヒーターなどは低音やけどを起しやすいので注意が
必要です。

老犬になるとヒーターの上でまどろんだり、うたた寝をする時間
が長くなり、長時間同じ姿勢でいると、低音やけどを負ってしま
うのです。
暑いなと思ったら、すぐに体を離せる昔ながらの湯たんぽのほう
が適しています。
冬は寒いからといって、室内から一歩も出さない、というのでは
犬のストレスがたまってしまいます。
暖かい日、時間を選んで積極的に散歩をして、日光浴も十分にし
ましょう。

長生きわんこ

トップページ
もうひとりの家族
わんこの寿命はどれくらい?
寿命の違い
大切なしつけ
しつけは何時から始める?
効果的なしつけの方法とは
しつけに体罰は必要?
スキンシップの重要性
わんこの運動
夏の散歩は要注意
室内飼いわんこの住環境
外飼いわんこの住環境
食べさせてはいけません
食事は何を与えたらよいの?
溺愛が寿命を縮める
肥満大敵
どうする?避妊・去勢手術
わんこの保険ってないの?
春のわんこは活動的
夏のわんこはここに注意
秋のわんこは予防する
冬のわんこはこう守る
大切なお手入れ
わんこのシャンプーとお手入れ
マッサージと爪切り
わんこの歯磨き
わんこのブラッシング
目と耳のお手入れ
わんこがボケた?
飼い主の十戒

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system