長生きわんこ>しつけに体罰は必要?

【しつけに体罰は必要?】
何度も言いますが、犬は反復して学習することで飼い主とのルール
を覚えていきます。
覚えの早い犬、遅い犬と個体差はどうしてもありますので、いうこ
とを聞かないからといって、たたいたりしてはいけません。

ただ、むやみに吠える、人に飛びつく、威嚇する、噛み付くなどの
行為をいくら叱ってもやめないときは、体罰を与えなければなりま
せん。
その際には、ケガをさせないよう、新聞紙を丸めたものや、タオル
などでお尻をたたきましょう。
ただし、尾や背骨部分は避けてください。
あと、頭部、鼻先、腹部、手足の関節も急所で、ケガをする恐れが
ありますので絶対に避けてください。

飼い主が、自分の行為をいつもより強く叱っていることがわかれば、
反省してやめるはずです。
もし、それでもやめない場合は、平手でお尻を強くたたきましょう。
時には、愛のムチと思って、思い切り叱らなければならないのです。
叱るときには、毅然と大きな声で厳しく叱りましょう。
最低限のルールを守らないときは、体罰も加えなければなりません。
そうすることで、飼い主と愛犬の付き合いも長く続けられるのです。

長生きわんこ

トップページ
もうひとりの家族
わんこの寿命はどれくらい?
寿命の違い
大切なしつけ
しつけは何時から始める?
効果的なしつけの方法とは
しつけに体罰は必要?
スキンシップの重要性
わんこの運動
夏の散歩は要注意
室内飼いわんこの住環境
外飼いわんこの住環境
食べさせてはいけません
食事は何を与えたらよいの?
溺愛が寿命を縮める
肥満大敵
どうする?避妊・去勢手術
わんこの保険ってないの?
春のわんこは活動的
夏のわんこはここに注意
秋のわんこは予防する
冬のわんこはこう守る
大切なお手入れ
わんこのシャンプーとお手入れ
マッサージと爪切り
わんこの歯磨き
わんこのブラッシング
目と耳のお手入れ
わんこがボケた?
飼い主の十戒

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system